RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
夜のお付き合い
 
社会人になってくると、
いわゆる「夜のお付き合い」が増えてきますよね?

お酒を飲んで嫌なことをパーっと忘れる、
ストレス解消するためには、ある程度の気晴らしは必要です。

しかしダイエットにはいいのでしょうか?

お酒とダイエットの関係について
書かれている記事をたくさん見かけます。

中にはこんな話が。

「日本酒やビールはNG、ダイエット中はウィスキーや焼酎を飲もう」
こんな話を聞いたことはありませんか?

理由はこうです。

日本酒やビールは糖質が高い、
一方焼酎やウィスキーは糖質がないから太らない
でも、これって本当なのでしょうか?

確かにある意味当てはまってはいます。

しかし、いずれのお酒も飲みすぎることに
よって中性脂肪を増やしてしまう、つ
まりダイエットにとっては逆効果になってしまいます。

もっと恐ろしいのは、アルコールを飲むことに
よって食欲を高めてしまうということです。

居酒屋に行くと、普段は食べきれない
量を食べてしまった経験はありませんか?

から揚げに始まり、焼き鳥、ポテトフライ、
ソーセージの盛り合わせ…

どれもこれもカロリーの高そうなものばかりです。

中には、飲んだ後の締めだとか言って、
ラーメンや焼き肉を食べる人も。

これではダイエットにいいはずがありません。

お酒を飲むと、食欲が高まるのです。

しかも大脳の感覚がマヒする、
いわゆる「酔っぱらった」状態になります。

すると、正常な判断をすることが難しくなってきます。

素面なら「ダイエット中だからだべちゃダメ!」と思っていても
酔っぱらうと何かと理由をつけて誘惑に負け食べてしまうものです。

ひどい場合には、記憶が飛んでしまうこともあります。

こうなってしまっては、
食べ物についてコントロールしろ
という方がむちゃな話です。

酔っぱらって正常な判断ができなくなることを
予防するには、答えは簡単。

はなっからお酒を飲まなければ酔うこともなくなります。

ダイエット中はしばらくお酒が我慢、
これが一番かもしれませんね。
author:seikou2110, category:ダイエット, 07:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:13
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://seikou2109.jugem.jp/trackback/10